コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凌雲台 リョウウンダイ

デジタル大辞泉の解説

りょううん‐だい【凌雲台】

中国、文帝洛陽に築かせた楼閣。額に凌雲観と書かせるため書家楼上に登らせたが、恐怖のため下りてきたときには頭髪が雪のように白くなっていたという。凌雲観。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りょううんだい【凌雲台】

中国、魏の文帝が築かせた高い楼閣。凌雲観。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

凌雲台の関連キーワード有馬温泉

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凌雲台の関連情報