明帝(読み)メイテイ

世界大百科事典 第2版の解説

めいてい【明帝 Míng dì】

28‐75
中国,後の2代皇帝劉荘。在位57‐75。光武帝の第4子。明堂(執政の殿堂)・辟雍(へきよう)(天子の建てた大学)の完成とともに,大射礼・養老礼(三老五更の儀礼)を執行し,また,外戚の子弟に五経を教える学校を建てるなど儒教の普及につとめた。対外的には,竇固とうこ)や班超を派遣して北匈奴および車師など西域諸国を討たせ,亀茲(クチャ)に西域都護をしばらく設置した。仏教は,明帝の治世のときに初めて中国に伝来し,洛陽西郊に白馬寺を建立したとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいてい【明帝】

28~75) 中国、後漢の第二代皇帝(在位57~75)。光武帝の第四子。儒学を奨励し内政を整備。匈奴きようどを征討、班超を派遣して西域都護を復活した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐てい【明帝】

中国後漢第二代の皇帝(在位五七‐七五)。姓名は劉荘。父光武帝の後を受けて儒教を政治思想とし教育・地方行政に努力。また、匈奴・羌(きょう)を討ち塞外に威をふるった。仏典を求め、白馬寺を建てたとの伝説もある。(二八‐七五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の明帝の言及

【仏教】より


[中国への伝来]
 中国における最初の翻訳仏典とされる《四十二章経》の序は,その伝来の事情を次のように説く。一夜,後漢の明帝が,西方より殿庭に飛来するふしぎな金人の夢をみる。金人は,首の背後に円光を負うて全身より光明を放つ。…

※「明帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android