コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍結療法 とうけつりょうほうcryotherapy

翻訳|cryotherapy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凍結療法
とうけつりょうほう
cryotherapy

癌組織を急速に凍結させたあと,ゆっくり溶解させて癌組織を破壊させる治療法。-196℃の液体窒素を癌組織の表面に直接接触させたり,癌組織内に細い管で注入させて冷凍,解凍を繰返しながら破壊を行う。冷凍すると組織の出血が少なく,知覚も麻痺するため,麻酔も簡単なことが利点である。現段階では進行癌や末期癌の一部に限られているが,皮膚・口腔癌,消化器系癌,乳癌など比較的多くの癌に適用が可能なので研究が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

凍結療法の関連キーワード尖圭コンジローマ(男性の)老人性疣贅(脂漏性角化症)乳房パジェット病雪状炭酸圧抵法液体窒素療法老人性色素斑子宮頸管炎悪性黒色腫冷凍手術皮膚癌切れ痔脱毛症