コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝集性 ぎょうしゅうせいcohesiveness

翻訳|cohesiveness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凝集性
ぎょうしゅうせい
cohesiveness

社会学的には集合体の統合性の強さをさす概念として É.デュルケム以来,統合という概念と並んで用いられてきたが,その厳密な定義はなされていない。これに対して社会心理学のグループ・ダイナミックスの分野では定義も厳密で操作化も進んでいる。 L.フェスティンガーらは「成員に対して集団内にとどまるように働く力の全体的な場」と定義し,D.P.カートライトらは「集団へのひきつけ」と定義している。集団のモラール集団規範による成員の動機づけリーダーシップなどと関連する重要な概念である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

凝集性の関連キーワード日本グループ・ダイナミックス学会モートン ドイッチュ心の病気の症候群ミロナイト組織ソシオメトリー内集団・外集団チンパンジーわれわれ意識競争と協同サポテカ族劇場国家大衆運動介護食品職場集団職業集団一党独裁集団学習グルテンゴリラ組織論

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凝集性の関連情報