コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団規範 しゅうだんきはん group norm

2件 の用語解説(集団規範の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団規範
しゅうだんきはん
group norm

集団の成員に共有されている価値判断行動様式の規準をいう。人間は意識すると否とにかかわらず特定の規準に従って知覚思考をするが,その規準が合理的,公式的な場合を規則,その他の場合を慣例という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集団規範
しゅうだんきはん
group norm

集団メンバーが、メンバーとして期待されている行動を行おうとするときに準拠するところの、メンバーに共有されている行動基準ないし意識をいう。集団メンバーが集団規範を共有することによって、メンバー間のコミュニケーションは容易となり、他のメンバーの行動が予測可能となる。
 ところで、規範には、団体規約のように明文化されたフォーマルなものから、慣習や仲間同士の暗黙の了解といったようなインフォーマルなものに至るまで種々の形態がある。また集団の全メンバーに適用される規範もあれば、集団内のある下位集団にのみ適用される規範もある。たとえば企業集団には、メンバー全員に適用される規範から、経営者、中間管理者、労働者のそれぞれに適用される異なる規範に至るまで、複数の規範が存在しており、それらの規範は相互に自律していたり、ときには対立したりさえする。
 集団規範が集団メンバーによって守られるのは、メンバーが規範から逸脱した行動をしたときには制裁が加えられて、欲求が充足されなくなることを知っているからである。集団規範への人々の同調行動は、集団秩序を維持すると同時に、人々の欲求を充足させるのである。しかし集団規範は、けっして一定不変ではなくて、状況に応じて、たとえば環境の変化や人々の欲求の変化に対応して変化しうるのである。[佐藤慶幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集団規範の関連キーワード価値判断論争社会意識父系制母系制組織文化価値判断俊敏規範意識ゲスフーテスト食生態

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone