コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凹面回折格子 おうめんかいせつこうしconcave grating

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凹面回折格子
おうめんかいせつこうし
concave grating

金属凹面鏡の表面に等間隔の細線を刻んだもの。回折格子の役目と凹面鏡の集光作用とを同時にもっているので,レンズや鏡の必要はなく分光器をつくることができる。真空紫外線のように非常に波長の短い光に対しては,ほとんどの物質は不透明でかつ反射率も小さいので,レンズなどを使わず凹面回折格子だけで光を分散,結像しうることは,短波長用の分光器の製作に非常に有効である。凹面の曲率半径が 3mのときに,3mの凹面回折格子という。また刻線の数は 1mmあたり 600,1200,2400本のものが多く使われる。凹面格子の曲率半径を直径とする円に凹面格子を外接させ,その円上に入射スリットを置けば,すべての波長のスペクトルはその円周上に結像される。考案者の名前をとってこの円をローランド円と呼ぶ。実際に分光器に使う場合には,スリット,凹面回折格子,写真用カセットなどの配置に種々の方法があり,使用目的に応じて適当な配置が選ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

凹面回折格子の関連キーワードローランド(Henry Augustus Rowland)ライマン(Theodore Lyman)ローランド真空分光器ブレーズ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android