コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出世の道 しゅっせのみち Moyen de parvenir

1件 の用語解説(出世の道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっせのみち【出世の道 Moyen de parvenir】

16世紀末の作家ベロアルド・ド・ベルビルBéroalde de Verville(1556‐1612?)の小話集。1610年刊。アリストテレスカエサルから,エラスムスロンサールにいたる数百名の古今の著名人が大宴会に列席し,好き勝手な論議をかわすという構成のもとに,全編にわたって無遠慮な好色笑話がちりばめられている特異な作品である。作者のベロアルドはプロテスタントからカトリックに改宗した博識家で,数多くの著作があるが,匿名で出版されたこの一作のみによって後世に名を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

出世の道の関連キーワードイベロアメリカベロアメルビルワイルドターミナルビルペンシルビルダンケルドソウルビルビルビル岩ソシアルビル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出世の道の関連情報