コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出世の道 しゅっせのみちMoyen de parvenir

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっせのみち【出世の道 Moyen de parvenir】

16世紀末の作家ベロアルド・ド・ベルビルBéroalde de Verville(1556‐1612?)の小話集。1610年刊。アリストテレスカエサルから,エラスムスロンサールにいたる数百名の古今著名人が大宴会に列席し,好き勝手な論議をかわすという構成のもとに,全編にわたって無遠慮な好色笑話がちりばめられている特異な作品である。作者のベロアルドはプロテスタントからカトリックに改宗した博識家で,数多くの著作があるが,匿名で出版されたこの一作のみによって後世に名を残した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

出世の道の関連キーワードアウグスティヌス(神学者)ポチョムキン金サッカ野呂天然三教指帰拓落失路源義平赤と黒

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出世の道の関連情報