コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出世本懐 しゅっせほんがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出世本懐
しゅっせほんがい

釈尊がこの世に生れ,真理を説き示した,その究極的な目的。すなわち,この現実の世界の生きとし生けるものを救済し,悟らせるということ。それを明示した経典を出世本懐の経という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅっせほんがい【出世本懐】

〘仏〙 釈迦がこの世に生まれた真の目的。天台宗では法華経、浄土宗では浄土三部経、浄土真宗では無量寿経を出世本懐を説いた経とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出世本懐の関連キーワード無量寿経浄土真宗浄土宗天台宗法華経釈迦釈尊

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android