出世本懐(読み)しゅっせほんがい

大辞林 第三版の解説

しゅっせほんがい【出世本懐】

〘仏〙 釈迦がこの世に生まれた真の目的。天台宗では法華経、浄土宗では浄土三部経、浄土真宗では無量寿経を出世本懐を説いた経とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅっせ‐ほんがい ‥ホングヮイ【出世本懐】

〘名〙 仏語。釈尊がこの世に生まれた本意、真の目的をいう。その目的が説き示された経が出世本懐の経で、宗により異なり、また、どの経を出世本懐の経とするかによって、その目的の理解が異なる。出世の本懐

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android