出座(読み)シュツザ

精選版 日本国語大辞典の解説

いで‐まし【出座】

〘名〙 (動詞「いでます(出座)」の連用形の名詞化) お出まし。お出かけ。
書紀(720)天智九年五月・歌謡「玉手の家の 八重子の刀自(とじ) 伊提麻志(イデマシ)の 悔いはあらじぞ 出でませ子」

いで‐ま・す【出座】

〘自サ四〙 (動詞「いず(出)」に尊敬の補助動詞「ます」が付き一語になった語)
① (「出づ」「行く」の尊敬語) お出になる。お出かけになる。また、お現われになる。
※書紀(720)仁徳三〇年九月(前田本訓)「皇后、紀国に遊行(イデマシ)て熊野岬に到りて」
※大鏡(12C前)三「さてのちに霊にいでまして」
② (「来(く)」の尊敬語) いらっしゃる。おいでになる。
※書紀(720)天智九年五月・歌謡「打橋(うちはし)の つめの遊びに 伊提麻栖(イデマセ)子」
③ (「居り」の尊敬語) いらっしゃる。おられる。
※万葉(8C後)二〇・四三二六「父母が殿のしりへの百代草百代伊弖麻勢(イデマセ)我が来たるまで」
[語誌]補助動詞「ます」が盛行していた上代には、神や天皇に対する敬意から、夫・父母など親しみのある関係にまで広く用いられた。平安時代以降、用例が減少し、対象も仏や霊などに限定されてゆく。

しゅつ‐ざ【出座】

〘名〙 貴人や身分の高い者が、その座席へ出ること。また、一般にその座に出ること。
※教言卿記‐応永一六年(1409)二月六日「藤秋来。今春未謁之間、出座致物語也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android