コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀自 トウジ

5件 の用語解説(刀自の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうじ【刀自】

とじ(刀自)

とじ【刀自】

《「戸主(とぬし)」の意で、「刀自」は当て字
年輩の女性を敬愛の気持ちを込めて呼ぶ称。名前の下に付けて敬称としても用いる。
一家の主婦。
「からたちの茨(うばら)刈り除(そ)け倉建てむ屎(くそ)遠くまれ櫛(くし)造る―」〈・三八三二〉
宮中の御厨子所(みずしどころ)・台盤所(だいばんどころ)・内侍所(ないしどころ)などで雑役を勤めた女官。
「台盤所の―といふ者の」〈・一三八〉
貴族の家に仕えて家事を扱う女性。
「宮々の―」〈栄花わかばえ〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうじ【刀自】

「とじ(刀自)」の転。

とじ【刀自】

〔戸主とぬしの意。「刀自」は当て字〕
一家の主婦。いえとじ。 「我が子の-を/万葉集 723
老女の尊称。とうじ。 「いませ母-面変はりせず/万葉集 4342
他家に仕えて雑役をする女。 「宮々の-・をさめにても/栄花 若生え
宮中の台盤所・御厨子所みずしどころ・内侍所などに仕えた下級の女官。 「台盤所の-といふ者の/枕草子 138

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刀自
とじ

女性に対する古風な尊称。現代でも旧家の女性に対して使われる。古代の后妃(こうひ)の称号の一つである夫人(ぶにん)も和訓はオホトジである。戸主=トヌシの約かともいうが不詳。7~8世紀の石碑・墓誌に豪族層女性の尊称としてみえ、『万葉集』にも「妣刀自(ははとじ)」等の例がある。さまざまなレベルの人間集団を統率する女性が原義か。族刀自的なものから家刀自へと推移するが、古代には里刀自や寺刀自もいて、後世のような主婦的存在に限られない。後宮(こうきゅう)の下級女官(にょかん)にも刀自がいた。[義江明子]
『所京子校訂、浅井虎夫著『新訂 女官通解』(1985・講談社学術文庫) ▽義江明子著「「刀自」考」(『日本古代女性史論』所収・2007・吉川弘文館) ▽義江明子著「「刀自」からみた日本古代社会のジェンダー」(『帝京史学』26)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の刀自の言及

【杜氏】より

…また,酒造労務者の総称ともされる。杜氏の名の由来については,昔中国で初めて酒をつくった杜康(とこう)の名をとったとする説,奈良・平安時代造酒司(さけのつかさ)が酒をつくるのに用いた壺を〈大刀自(おおとじ)〉〈小刀自(ことじ)〉と呼び,後の人が酒をつくる人をも刀自と呼んだとする説,寺社で酒つくりが行われる以前,酒つくりは家庭を取りしきる主婦(刀自)のしごとであり,刀自が転じたものであるとの説などがある。《日本書紀》の崇神紀に〈高橋邑(たかはしのむら)(現,天理市)の人,活日(いくひ)を以て大神の掌酒(さかびと)とす〉とあり,これが記録に残るはじめての杜氏で,奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社境内にある活日神社は現在でも杜氏の信仰を集めている。…

※「刀自」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刀自の関連情報