コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉手 ギョクシュ

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐しゅ【玉手】

美しい手。
天子の手。また、他人を敬って、その手や書いたものをいう

たま‐で【玉手】

玉のように美しい手。また、手の美称
「―さし交(か)へあまた夜も寝(い)ねてしかも」〈・一五二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょくしゅ【玉手】

玉のように美しい手。美人の手。
天子の手。また、他人の手を敬っていう語。御手みて
他人を敬ってその手紙・文字をいう語。

たまで【玉手】

手の美称。玉のように美しい手。 「 -さし枕き/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玉手の関連キーワード中村 雀右衛門(3代目)大阪府藤井寺市道明寺桐竹 紋十郎(初代)一双の玉臂千人の枕大阪府柏原市玉手町差し纏く・差し纒く桐竹紋十郎(2世)大阪府柏原市旭ケ丘大阪府柏原市片山町大阪府柏原市石川町関西福祉科学大学尾上梅幸(7世)中村梅玉(3世)マドレーヌの日玉手山古墳群桐竹紋十郎柏原[市]吉田文五郎摂州合邦辻葛城襲津彦

玉手の関連情報