玉手(読み)ギョクシュ

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐しゅ【玉手】

美しい手。
天子の手。また、他人を敬って、その手や書いたものをいう

たま‐で【玉手】

玉のように美しい手。また、手の美称
「―さし交(か)へあまた夜も寝(い)ねてしかも」〈・一五二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょくしゅ【玉手】

玉のように美しい手。美人の手。
天子の手。また、他人の手を敬っていう語。御手みて
他人を敬ってその手紙・文字をいう語。

たまで【玉手】

手の美称。玉のように美しい手。 「 -さし枕き/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉手の関連情報