出直(読み)でなおし

  • でなおし ‥なほし
  • でなおり ‥なほり
  • でなお・す ‥なほす

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 最初からやり直すこと。
※浮世草子・人倫糸屑(1688)淫乱「細々でなをしのならぬものなれば」
② 天理教で、死ぬことをいうことば。
〘自サ五(四)〙
① いちど家に引き返して、改めてまた出かける。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「もう納豆売は出直(デナホ)して、金時を売りに来る時分だア」
② 最初からやり直す。
※浄瑠璃・嫗山姥(1712頃)二「小田巻とやらくだ巻とやら光りはくはぬ出なをしゃ」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉四「又最初から出直さうとして」
〘名〙
① 芸娼妓が一人の客を送りだして、すぐに別の客の席に出ること。
※洒落本・仕懸文庫(1791)二「おきくさんはでなほりだよ〈でなほりとは、すぐに外のきゃくへだした事なり〉」
② 芸者が、約束の時間が過ぎた後も、なお望まれて留まること。
※君の名は(1952‐54)〈菊田一夫〉四「『出直り』だからといって、あながち実家でくすぶっていなくてはならないものと、決ってはいないであろう」
④ 取引で、底値から再び元の相場に引き返すこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出直の関連情報