コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊田一夫 きくたかずお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊田一夫
きくたかずお

[生]1908.3.1. 横浜
[没]1973.4.4. 東京
劇作家,演出家,プロデューサー。本名数男。恵まれない少年時代をおくったのち,詩人たらんと 1927年サトウハチロー門下となる。 30年浅草玉木座における処女作『阿呆疑士迷々伝』の上演をきっかけに以後,劇作家として活躍。金竜館,オペラ座,常盤座など浅草を本拠に,いわゆる爆笑喜劇を,榎本健一,古川緑波,徳川夢声らのために書き続けた。 36年ロッパ一座に招かれて東京宝塚劇場 (現東宝) の嘱託となり,『花咲く港』など多くの佳編を上演した。 55年に小林一三の招きで東宝の演劇担当重役に就任,57年に東宝芸術座を創設。 59年に開幕した『がめつい奴』は日本演劇史上初のロングランとなった。その成果により 60年菊池寛賞,61年芸術選奨受賞。また,63年東宝劇場で『マイ・フェア・レディ』を制作・上演し,ミュージカル・ブームに火をつける。 66年には新装開場した帝劇で『風と共に去りぬ』を世界で初めて劇化,上演。さらに 70年それをミュージカル化した『スカーレット』を同劇場で,次いでロンドン,パリで公演した。代表作はほかに『放浪記』,『がしんたれ』など。東宝演劇の一時代をつくった。ラジオでも活躍し,連続放送劇『鐘の鳴る丘』『君の名は』は空前のヒットとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

菊田一夫【きくたかずお】

劇作家,ラジオドラマ作家。本名数男。横浜生れ。少年期から数々の苦労を重ねた。サトウ・ハチローに師事し,古川緑波(ろっぱ)一座の作者として《花咲く港》など軽演劇脚本を書いた。
→関連項目斎藤憐佐田啓二千秋実

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊田一夫 きくた-かずお

1908-1973 昭和時代の劇作家,演出家。
明治41年3月1日生まれ。昭和のはじめ浅草軽演劇の喜劇作家としてみとめられる。戦後の22年NHKの連続放送劇「鐘の鳴る丘」を,27年同じく「君の名は」をヒットさせる。30年東宝の演劇担当重役となり,制作,演出にも進出。ブロードウェー-ミュージカルの移入と定着にもつくした。昭和48年4月4日死去。65歳。神奈川県出身。本名は数男。戯曲に「がめつい奴(やつ)」「がしんたれ」。
【格言など】人間は努力を忘れたらあかんで……ほんきに気い入れてやったら何でも思い通りになる(「がめつい奴」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きくたかずお【菊田一夫】

1908‐73(明治41‐昭和48)
劇作家,ラジオ・ドラマ作家。横浜生れ。本名数男。生後まもなく両親が離婚,菊田吉三郎の養子となるが,台北,大阪,東京であらゆる辛酸をなめる。サトウハチロー知遇を得て詩作を学び,〈笑いの王国〉〈古川緑波(ろつぱ)一座〉にオペレッタを提供。《道修(どしよう)町》《花咲く港》は戦前の代表作である。1955年小林一三に招かれ東宝取締役に就任,製作,脚本,演出を担当,《がめつい奴》(1959初演,菊池寛賞受賞),《がしんたれ》《雲の上団五郎一座》が大ヒット。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きくたかずお【菊田一夫】

1908~1973) 劇作家・演出家。横浜生まれ。本名、数男。第二次大戦後「君の名は」「鐘の鳴る丘」などのラジオ-ドラマで人気を博し、また、「がめつい奴」「がしんたれ」などを上演、現在の商業演劇の方向を決定づけた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊田一夫
きくたかずお
(1908―1973)

劇作家、演出家。明治41年3月1日横浜生まれ。孤児同様に他人の手で育てられ、丁稚(でっち)、小僧生活を経たすえ、サトウ・ハチロー門下として浅草の軽演劇一座に加入、1930年(昭和5)玉木座の『阿呆(あほう)疑士迷々伝』で注目された。その後、榎本(えのもと)健一、続いて古川緑波(ろっぱ)のための喜劇作品を書き、昭和初期の軽演劇時代の一翼を担った。当時の代表作に『花咲く港』(1943)がある。戦後はNHKのラジオドラマで活躍、『鐘の鳴る丘』(1947~50)、『君の名は』(1952~54)を書いた。55年東宝の演劇担当重役となり、劇作、演出と並行して演劇製作を続け、『がめつい奴』『放浪記』などの名舞台を生み、多くの俳優を育て上げた。63年(昭和38)にはブロードウェー・ミュージカル『マイ・フェア・レディ』を翻訳上演、日本の演劇史に一ページを加えた。庶民の哀歓を平明なスタイルで描き、幅広い層から支持された劇作家である。昭和48年4月4日死去。[水落 潔]
『『菊田一夫戯曲選集』全3巻(1965~67・演劇出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の菊田一夫の言及

【君の名は】より

菊田一夫作の放送劇。1952年4月10日より54年4月8日まで,毎週木曜日,98回にわたりNHK連続放送劇として電波にのり,逐次小説化され宝文館より刊行。…

【軽演劇】より

…その一党が中心となって33年に浅草常盤座で〈笑いの王国〉が旗揚げした。役者として生駒雷遊(いこまらいゆう)(1895‐1964),山野一郎,古川緑波(ロッパ),大辻司郎(1896‐1952),渡辺篤(1896‐1977),関時男,清川虹子ら,作家陣に菊田一夫,大町竜夫,貴島研二,山下三郎らが加わった。一夜づけの脚本による,いわゆる〈アチャラカ芝居〉なる言葉はここから生まれた。…

【東宝[株]】より

…歌舞伎では,35年の有楽座開場に際して,松竹俳優の中から坂東簑助(のちの8世三津五郎),中村もしほ(のちの17世勘三郎),市川寿美蔵(のちの3世寿海),市川高麗蔵(のちの11世団十郎)らを引き抜いて〈東宝劇団〉と命名し,それまで歌舞伎座が一等席8~9円していた入場料を2円でふたをあけるなどおおいに物議をかもしたが,歌舞伎公演に不慣れのためとかく興行成績がふるわず,わずか3年足らずのうちに消滅した。一方,浅草の作家であった菊田一夫を迎えての古川緑波一座の喜劇は,それまでに見られなかった新しい東京喜劇のジャンルを開拓し,《ガラマサどん》《花咲く港》などの作品を生んで人気が高まった。また映画の製作配給にも手を染め,37年には,前年に発足した東宝映画配給株式会社とPCL映画製作所,JOスタジオ,写真化学研究所が合併して,東宝映画株式会社が設立された。…

【ミュージカル】より

…アメリカの場合と違って,創作ミュージカルからヒット・ソングが生まれた例がほとんどないことを考えてみても,これが日本文化の中で十分に定着していないことは確かである。 これに対して輸入ミュージカルは,東宝の菊田一夫による《マイ・フェア・レディ》の上演(1963)を最初とする。その後,演技の水準はかなり向上してきた。…

※「菊田一夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菊田一夫の関連キーワードパリの空よりも高く 菊田一夫作「花咲く港」より岩手県奥州市江刺区大通り霧深きエルベのほとりダル・レークの恋いまむら いづみベルサイユのばらわたしの凡てを命果てる日まであの丘越えて下山田ひろのあの橋の畔でミュージカルお鹿婆さん大庭 三郎淀 かおる東宝[株]井上 孝雄竹内 京子氏家真知子矢吹 寿子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊田一夫の関連情報