出雲海苔(読み)いずものり

精選版 日本国語大辞典の解説

いずも‐のり いづも‥【出雲海苔】

〘名〙 島根県出雲市の十六島(うっぷるい)地方を中心に産出する海苔。ウシケノリ科の紅藻植物で、海岸の干満線間の岩礁などに付着する。乾海苔、剥海苔、髢海苔(かもじのり)にする。うっぷるいのり。
※実隆公記‐享祿元年(1528)閏九月二〇日「出雲海苔一合被送之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android