コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六島 じゅうろくしま

2件 の用語解説(十六島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十六島
じゅうろくしま

千葉県北東部から茨城県南部にまたがる利根川下流の干拓地。香取市神崎町稲敷市に広がる。天正 18 (1590) 年江戸崎城主土岐氏の家臣,石田主馬亮が干拓を申請,着手より約 50年を要して完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十六島
じゅうろくしま

千葉県北部、利根(とね)川下流低地にある香取(かとり)市の一地区。かつて香取海(かとりうみ)が深く湾入していたが、江戸時代に利根川の河道が銚子(ちょうし)方向へと変えられ、低湿地が形成された。1590年(天正18)に帰農した武士団が上之島(かみのしま)の新田開発を行い、以後1640年(寛永17)までに西代(にししろ)、八筋(やすじ)川、長島、六角、三島、大島、扇(おうぎ)島、境島、卜杭(ぼっくい)、加藤洲(かとうず)、結佐(けっさ)、中島、松崎、中洲(なかず)、磯山(いそやま)を開拓して十六島とよばれるようになった。江戸幕府が常陸(ひたち)佐竹藩領との境界防御を意図して新田を開かせたといわれ、集落は常陸利根川と横利根川沿岸の微高地上に島状に分布し、島の地名が多い。1957年(昭和32)に利根川特定地域総合開発事業の一環として、一帯の干拓、土地改良が進められ、早場米の産地として生産性を向上させた。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十六島の言及

【平田[市]】より

…明治末に開通した山陰本線が平田を通らなかったため,商業機能も今市(出雲市)に中心が移った。日本海側には小伊津,十六島(うつぷるい)などの漁村が多く,十六島はノリの産地で知られる。また,中海新産業都市の一部に指定されたことから,企業誘致も進められている。…

【水郷】より

…利根本流,横利根川,北利根川,霞ヶ浦,外浪逆浦(そとなさかうら),北浦の沿岸に広がり,水郷筑波国定公園に指定されている。古代には香取海といわれた流海で,中世に利根川水系の堆積作用で沖之島などの川中島が形成され,近世初期の利根川の河道付け替え以後急速に陸化が進み,十六島(じゆうろくしま)などの新田開発が進展した。水郷の中心の十六島はかつてはエンマという水路が縦横に掘られ,灌漑,排水路として,また交通路として利用された。…

※「十六島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十六島の関連キーワード水郷海藻蒟蒻茨城県稲敷郡河内町茨城県北相馬郡茨城県猿島郡境町茨城県北相馬郡利根町下井茨城県北相馬郡利根町大房茨城県北相馬郡利根町立崎茨城県北相馬郡利根町茨城県北相馬郡利根町羽中

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十六島の関連情報