コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出願公開制度

1件 の用語解説(出願公開制度の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

出願公開制度

出願公開制度」とは、出願されている特許案件の内容を公開する制度のことを指す。日本の特許法では、原則的に出願日から1年6ヶ月が経過し、特許化可能な状態にある出願特許について、審査段階に関わらず公開特許公報を通して公開している。「出願公開制度」は、審査主義を取る日本の特許法下では特許の権利化までに時間がかかるため、出願中の特許案件と重複した研究や出願が行われないように配慮した制度であると言える。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出願公開制度の関連キーワード特許の出願公開特許公報国際調査出願審査請求出願人早期出願公開の請求特許掲載公報特許公報特許ファミリー補償金請求権

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone