刀筆吏(読み)とうひつり

精選版 日本国語大辞典の解説

とうひつ‐り タウヒツ‥【刀筆吏】

〘名〙
① 文書の記録の仕事をする小官吏。書記。刀筆の吏
※徂徠集(1735‐40)二〇・与猗蘭侯「不佞茂卿、刀筆吏也」 〔史記‐蕭何世家賛〕
② 身分のひくい役人。小官吏。小役人。
※明六雑誌‐二号(1874)非学者職分論〈西周〉「読書人亦自ら甘んじて世務を知らず、〈略〉其世務を管する人は往々にして刀筆吏より出づ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android