コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分党 ブントウ

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐とう〔‐タウ〕【分党】

[名](スル)政党が解散し、複数の政党に分かれること。→分派
[補説]政党交付金は、分党後の各政党の所属議員数に応じて比例配分される。これに対し、政党から一部議員が離脱して新政党を結成する分派の場合、離党した議員に政党交付金は交付されない。→政党助成法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

分党

政党が解散して二つ以上の対等の政党に分かれること。政党助成法では「分割」と規定。同法に基づき、政党交付金が所属議員数に応じて配分される。所属議員が離党して新党をつくっても、もとの政党が存続する場合は「分派」で、新党には政党交付金が配分されない。過去に分党の手続きをした例としては、1997年末の新進党と、2002年末の保守党がある。

(2014-05-29 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

分党の関連キーワード自由党(1950年結成)ナショナリスタ党新党[台湾]河野 一郎日本民主党日本自由党自由の人民次世代の党石田幸四郎三木武吉河野一郎鳩山一郎広川弘禅保守合同公明党自由党改進党

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分党の関連情報