コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政党交付金 せいとうこうふきん

知恵蔵miniの解説

政党交付金

一定の要件を満たした政党に対し、国が政党助成法に基づいて政治活動費を交付する制度。政党助成金とも呼ばれる。企業や労働組合、団体などから政治献金を受けることを制限する代わりに、税金で政党の活動を助成し、健全な政治を目指すことを目的として、1994年に導入された。国民1人当たり年間250円、総額約320億円が、国会議員数の割合(議員数割)や国政選挙での得票率(得票数割)に応じて各党に配分される。国民の税金を財源としていることから、各党には政党交付金の使途を公表することが義務づけられている。

(2012-09-5)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

政党交付金

所属国会議員が5人以上、といった政党要件を満たし、交付を届け出た政党が受け取れる。1月1日を基準日として所属国会議員数や、選挙の得票数の割合に応じ配分。国民1人あたり250円を負担する計算で税金から支出され、年間約320億円が配られる。

(2016-11-26 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいとう‐こうふきん〔セイタウカウフキン〕【政党交付金】

一定の要件を満たした政党に対し、国から政治活動費を交付する制度。平成6年(1994)導入。国民一人あたり250円、総額約320億円を国会議員数や国政選挙での得票率に応じて各党に配分する。企業・団体献金以外の政治活動費を確保して健全な政治を目指す目的があり、各党は政党交付金の使途を公表する義務がある。政党助成金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいとうこうふきん【政党交付金】

政党助成法に基づき政党に交付される金。政党の議員数に応じて割り当てられる議員数割りと得票数に応じて割り当てられる得票数割りにより算出される。政党助成金ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政党交付金
せいとうこうふきん

政党の活動経費として国庫から支出される交付金。政党助成金とも呼ばれる。1994年に成立した政党助成法に基づく。年間,国民 1人あたり 250円,総額約 300億円が,議員数割と過去 2回の衆参両議院選挙での得票率割で分配される。対象となる政党の要件は,政治資金規正法の定める政治団体であり,かつ (1) 国会議員が 5人以上所属,(2) 国会議員が所属し直近の国政選挙における全国得票率が 2%以上,のいずれかを満たすこと。交付を受けた政党は収支報告により使途を明確にすることが義務づけられる。当初,助成限度額を前年の党収入の 3分の2と定めていたが,企業からの献金集めの口実とされたことから,1995年の法改正で廃止された。2016年分の政党交付金は総額 318億円9288万円で,最も多い自由民主党は 172億2079万円,続く民進党は 97億4388万円が配分された。制度に反対する日本共産党は政党交付金を受領していない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

政党交付金
せいとうこうふきん

政党に対し、国から政治活動費を助成する目的で交付される資金。1995年(平成7)に施行した政党助成法(平成6年法律第5号)に基づいて導入された。政党助成金ともよばれる。特定の企業、労働組合、団体などの寄付を制限するかわりに、広く国民が政党活動を資金的に支える仕組みを設け、政党活動費を確保して健全な政治を目ざすためにできた。導入にあたって「コーヒー1杯で政治とカネの問題を解決する」とうたわれたように、国民1人当りの負担額は250円と決められている。これに最新の国勢調査による日本の人口を乗じた額(2010年国勢調査で約320億円)を、年4回(4月、7月、10月、12月)に分けて各政党に配分している。配分比率は毎年1月1日を基準日(国政選挙があった場合は選挙後に設ける)とし、交付金総額の2分の1が現職国会議員数に応じて配分され、残りの2分の1が直近の国政選挙での得票数に応じて配分される。
 交付を受けられる政党の条件は法人格を取得したうえで、(1)現職の所属国会議員が5人以上いる、(2)現職の所属国会議員が1人以上おり、前回の衆議院選挙か、前回または前々回の参議院選挙のいずれかの得票数が2%以上あった、のいずれかを満たす必要がある。交付金を希望する政党は毎年1月、政党名、事務所所在地、所属国会議員名などを総務大臣に届け出る必要がある。自由な政治活動を尊重する観点から、政党交付金の使途は制限されていない。ただし、借金返済や貸付けにあてることはできない。各政党は毎年12月31日時点の政党交付金の支出総額、人件費や光熱費以外の使途(1件当り5万円以上)を記載した報告書を総務大臣へ提出する義務がある。報告書を提出しないと、交付を止められることがある。報告書は5年間総務省で閲覧できる。
 2011年分の政治資金収支報告書によると、政党収入に占める政党交付金の比率は、自由民主党が73%、民主党83%、みんなの党97%、国民新党89%などとなっており、多くの政党が政党交付金への依存体質を強めている。なお「支持していない政党へも資金を提供することになる」と政党交付金に反対する日本共産党は制度導入以来、政党交付金を受け取っていない。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

政党交付金の関連キーワード生活の党と山本太郎となかまたち政党支部の収支たちあがれ日本日本創新党維新八策強制監査舛添要一新党改革政党法分党

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政党交付金の関連情報