コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分割民営化 ぶんかつみんえいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分割民営化
ぶんかつみんえいか

安上がりの政府 (チープ・ガバメント) を目指して行財政の肥大化による非効率を排除し,競争原理の導入による組織の活性化を図るために行なわれた公的部門の株式会社化と分割を指す。第2次臨時行政調査会の 1982年5月の答申に基づいて行なわれた三公社 (国鉄専売公社電電公社) の分割民営化がその代表例。これにより,国鉄は各地方の JR各社と貨物会社に,また専売公社は日本たばこ産業へ,電電公社は NTTへとそれぞれ民営化された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

分割民営化の関連キーワードほっとゆだ[駅]キヨスクの歴史西日本旅客鉄道東日本旅客鉄道天竜浜名湖鉄道183系の運休北海道旅客鉄道四国旅客鉄道日本国有鉄道日本道路公団日本貨物鉄道九州旅客鉄道東海旅客鉄道経営安定基金公社の私有化JR大糸線鉄道記念日JR飯田線指宿枕崎線日高本線

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分割民営化の関連情報