コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分域累帯構造 ぶんいきるいたいこうぞうsector zoning

岩石学辞典の解説

分域累帯構造

結晶の成長に際して特定方向の結晶面によって成分や不純物などの吸着が異なる場合に,結晶の領域ごとに組成が異なり分域に分かれた累帯構造が作られることがある.石英,空晶石(chiastolite),クロリトイドなどに見られる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報