コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分娩まひ ぶんべんまひBirth Injury to Peripheral Nervous System

家庭医学館の解説

ぶんべんまひ【分娩まひ Birth Injury to Peripheral Nervous System】

[どんな病気か]
 分娩時に産道(さんどう)で胎児(たいじ)の末梢神経(まっしょうしんけい)が圧迫されてまひがおこるものです。顔面神経まひ、横隔膜(おうかくまく)神経まひ、腕神経叢(わんしんけいそう)まひなどがあります。
[症状]
 神経の損傷が一時的な圧迫によるものであれば、症状は一過性で自然に治ります。顔面神経まひは、泣くと口がゆがんだり、眼瞼(がんけん)(まぶた)が閉じないことで気がつきますが、特別な治療は不要です。
 腕神経叢まひは、頸部(けいぶ)を通って腕に行く神経の束が、分娩時に伸びきったり圧迫されて傷ついておこります。自然に治ることが多いのですが、まひしている部分を十分に動かしたりマッサージすることが機能回復に有効です。
 横隔膜神経まひは腕神経叢まひと同様の原因で生じます。新生児腹式呼吸を行なっており、横隔膜が動かないと呼吸がうまくできないため、適切な呼吸管理が必要になります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone