コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分娩まひ ぶんべんまひ Birth Injury to Peripheral Nervous System

1件 の用語解説(分娩まひの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぶんべんまひ【分娩まひ Birth Injury to Peripheral Nervous System】

[どんな病気か]
 分娩時に産道(さんどう)で胎児(たいじ)の末梢神経(まっしょうしんけい)が圧迫されてまひがおこるものです。顔面神経まひ、横隔膜(おうかくまく)神経まひ、腕神経叢(わんしんけいそう)まひなどがあります。
[症状]
 神経の損傷が一時的な圧迫によるものであれば、症状は一過性で自然に治ります。顔面神経まひは、泣くと口がゆがんだり、眼瞼(がんけん)(まぶた)が閉じないことで気がつきますが、特別な治療は不要です。
 腕神経叢まひは、頸部(けいぶ)を通って腕に行く神経の束が、分娩時に伸びきったり圧迫されて傷ついておこります。自然に治ることが多いのですが、まひしている部分を十分に動かしたりマッサージすることが機能回復に有効です。
 横隔膜神経まひは腕神経叢まひと同様の原因で生じます。新生児腹式呼吸を行なっており、横隔膜が動かないと呼吸がうまくできないため、適切な呼吸管理が必要になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

分娩まひの関連キーワード産道微弱陣痛異常分娩無痛分娩力綱臀位何心地不死身プリマドンナ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone