分散強化合金(読み)ぶんさんきょうかごうきん(英語表記)dispersion strengthened alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分散強化合金
ぶんさんきょうかごうきん
dispersion strengthened alloy

金属のなかにセラミックスや金属酸化物の粒子あるいは繊維状の強化材を分散させることにより,高温強度や靭性,熱衝撃性を向上させた合金。金属材として鉄,ニッケルモリブデン,銅,ステンレスなどを用い,強化材としてトリア酸化マグネシウムアルミナ,シリカ,炭化チタン,酸化ケイ素などを配合する。分散を均一にするために,金属と強化材の微少粉末を混合し,圧縮成形や,焼結後,押出しや圧延で粒子間のすきまを押しつぶす方法が使われる。タングステン-トリア系は電球のフィラメントに,銅-アルミナ系は導電材として半導体のリードフレーム材に使われる。またニッケルにトリアを分散させたものは,超耐熱材料としてジェット・エンジンの燃焼器や圧縮器のブレード,ガスタービンなどにも利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android