分散投資(読み)ぶんさんとうし(英語表記)diversification

翻訳|diversification

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「分散投資」の解説

分散投資
ぶんさんとうし
diversification

複数証券に分散して資金を投下することをいう。複数投資目的は,ポートフォリオ全体の投資リスクを,個々の証券のリスクの加重平均値以下に減らすことにある。これは,高収益を期待できる証券ほどリスクも大きいという前提の下に,複数の証券を組み合わせて収益のばらつきを相殺させることによって,リスク軽減効果を狙うものである。同時に分散投資は,大きな収益を獲得するチャンス犠牲にするものであるが,高収益を放棄することによるマイナス面よりも,リスクが減少することによるプラス面が高く評価されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の分散投資の言及

【投資信託】より

…さらに小口の資金を数多く集める結果,最終的には資金は巨額となることから,有価証券投資に常時ついて回る〈危険〉を極力回避する投資手法が採られることも特色の一つである。つまり〈分散投資〉による危険回避であり,この分散投資は投資信託の基本原則といわれる。投資信託における分散投資には,証券別分散投資,産業別分散投資,企業別分散投資,時間別分散投資があり,さらに外国証券への投資も可能であることから,地域別分散投資もこれに加えられる。…

※「分散投資」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android