分類標目(読み)ぶんるいひょうもく(英語表記)class number heading

図書館情報学用語辞典 第5版「分類標目」の解説

分類標目

“資料の主題または形式記号で表す分類記号を,目録記入標目としたもの.その図書館が採用する分類表に定められた記号の形をとる”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).『日本目録規則1965年版』までは,分類標目という用語は使用されていなかった.『同新版予備版』が非基本記入方式を採用したことにより,すべての標目が等となり,分類標目も標目指示に記載するようになった.この結果,分類標目は書誌分類の結果を表し,請求記号書架分類の結果を表すことにより,両者の違いが明白になった.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android