コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切られた首

2件 の用語解説(切られた首の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

切られた首

英国の作家クリスチアナ・ブランドのミステリー(1941)。原題《Heads You Lose》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切られた首
きられたくび
A Severed Head

イギリスの女流作家、J・I・マードック長編小説。1961年刊。知識人階級の男女が織り成す綾(あや)取りのように巧緻(こうち)な色模様のドラマ。登場人物は、主人公葡萄酒(ぶどうしゅ)商マーティン・リンチ・ギボン、彼に離婚宣言する妻アントニアとその愛人の精神分析医、その医者の異父妹、またマーティンの愛人、弟などで、自殺、近親相姦(そうかん)などを折り込んで複雑な男女関係を展開する。世界の中心は自分だと思っていた男の世界観の崩壊を、喜劇的に洗練された文体で描いた円熟期の作品。[出淵 博]
『工藤昭雄訳『切られた首』(1963・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切られた首の関連キーワード疑惑の霧暗闇の薔薇ジェゼベルの死自宅にて急逝猫とネズミハイヒールの死はなれわざ招かれざる客たちのビュッフェ緑は危険ゆがんだ光輪

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

切られた首の関連情報