巧緻(読み)コウチ

  • こうち カウ‥
  • こうち〔カウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]精巧で緻密なこと。たくみで、細部にわたってよくできていること。また、そのさま。「巧緻を極めた作品」「巧緻な文章」
[派生]こうちさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) たくみで細やかなこと。巧妙で緻密なこと。また、そのさま。工緻。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「千変万化極(きはまり)なき美妙巧緻(コウチ)の文章をもて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android