コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潮社 しんちょうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潮社
しんちょうしゃ

1904年佐藤義亮が創立した文芸中心の出版社。佐藤は 1896年に新声社を創立し,雑誌『新声』を発行したが失敗。その経験をふまえて新潮社を創立し,同時に『新潮』を創刊。まもなく編集長に中村武羅夫を得て,『新潮』の文壇での地位が確立された。 1915年には「新潮文庫」を刊行しはじめ,円本合戦時代の 27年には「世界文学全集」で成功した。第2次世界大戦後の動きで特筆すべきことは 56年の『週刊新潮』の創刊で,雑誌社系週刊誌の第1陣として第1次週刊誌ブームの中心になった。 84年には写真週刊誌『FOCUS』を創刊,写真週刊誌ブームをつくり出した。カセット,ビデオ,CD-ROMなどの分野も手がける。年間売上高 305億円,資本金1億 5000万円,従業員数 551名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

新潮社の関連キーワード秋田県仙北市角館町田町上丁春風亭 柳朝(5代目)日本鉄道旅行歴史地図帳月刊コミック@バンチ日本現代文学十二講パーマネント野ばら東洋思想十六講新潮OH!文庫新潮文庫nexNICOLAENGINE中根 駒十郎Yonda?個人的な体験yomyomル・クレジオ文章倶楽部奇跡のヒト子供の四季SINRA

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新潮社の関連情報