コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切れ字 キレジ

大辞林 第三版の解説

きれじ【切れ字】

連歌・俳諧の発句や近代俳句で、句の表現が完結し独立するために、句中または句末で特別に切れるはたらきをする字(語)のこと。「や」「かな」などの終助詞や活用語の終止形・命令形などの類。きりじ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切れ字の関連キーワード切れ字十八字川柳(短詩)下知切れ上田秋成にて留め三字切れ二段切れ活用語心切れ俳句治定川柳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切れ字の関連情報