(読み)カナ

デジタル大辞泉「哉」の解説

かな【哉】[終助]

[終助]係助詞「か」の文末用法+終助詞「な」から》体言・活用語の連体形に付いて、感動・詠嘆を表す。…だなあ。
「人の心は愚かなるもの—」〈徒然・八〉
「病雁の夜さむに落ちて旅寝—/芭蕉」〈猿蓑
[補説]上代の「かも」に代わり、中古以降に用いられた。近世以降は、連歌俳諧切れ字として用いられ、現代語でも和歌俳句などによく用いられる。

さい【哉】[漢字項目]

人名用漢字] [音]サイ(呉)(漢) []かな か や
感動を表す助字。かな。「快哉善哉ぜんざい
[名のり]えい・き・すけ・ちか・とし・はじめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android