コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナ

デジタル大辞泉の解説

かな【哉】[終助]

[終助]《係助詞「か」の文末用法+終助詞「な」から》体言・活用語の連体形に付いて、感動・詠嘆を表す。…だなあ。
「人の心は愚かなるもの―」〈徒然・八〉
「病雁の夜さむに落ちて旅寝―/芭蕉」〈猿蓑
[補説]上代の「かも」に代わり、中古以降に用いられた。近世以降は、連歌俳諧切れ字として用いられ、現代語でも和歌・俳句などによく用いられる。

さい【哉】[漢字項目]

人名用漢字] [音]サイ(呉)(漢) [訓]かな か や
感動を表す助字。かな。「快哉善哉(ぜんざい)
[名のり]えい・き・すけ・ちか・とし・はじめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かな【哉】

( 終助 )
〔係助詞「か」の文末用法に詠嘆の終助詞「な」が付いてできたもの。中古以降の語〕
体言およびそれに準ずるもの、活用語の連体形に付く。文末にあって、詠嘆・感動の意を表す。…だなあ。…なあ。 「うたてある主のみもとに仕うまつりて、すずろなる死をすべかめる-/竹取」 「まつ人にあらぬものから初雁のけさ鳴く声のめづらしき-/古今 秋上」 「あぱれ剛の者-/平家 8」 〔 (1) 上代には「かも」が用いられた。 (2) 現代語でも、「惜しい」「悲しい」など一部の形容詞に付けて、「…なことに」といった意味の慣用句を作るのにわずかに用いられることがある。「悲しい-、子供の力ではどうすることもできなかった」。また、「素晴らしき-、わが人生」などのように、文語的表現として用いられることもある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

哉の関連キーワード1000の小説とバックベアードバースデイ こちら椿産婦人科It Takes Two謎解きはディナーのあとで傷だらけのラブソング福岡県行橋市上稗田ただいま満室幸いなる哉河村再和坊田中五竹坊リボルガー已んぬる哉是あるかな原田 尚哉誰哉行灯三井之孝創意工夫橋本雪屋古満寛哉高野松山

哉の関連情報