切支丹坂(読み)きりしたんざか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切支丹坂
きりしたんざか

東京都文京区小日向(こびなた/こひなた)1丁目にある坂。東京メトロ丸ノ内線茗荷谷(みょうがだに)駅付近。江戸時代、小日向台地上に宗門改役(あらためやく)の井上筑後守(ちくごのかみ)の下屋敷があり、1643年(寛永20)キリシタン信者を取り締まるため、この屋敷を取調所とした。1646年(正保3)籠舎(ろうしゃ)を整え、1792年(寛政4)まで続いたが、ここを切支丹屋敷とよび、この下の坂を切支丹坂とした。切支丹屋敷跡の碑や、拷問にあった信者を生き埋めにし、その上に石を置いたという「夜なき石」の碑がある。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android