コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)株 キリカブ

デジタル大辞泉の解説

きり‐かぶ【切(り)株】

木や草を切ったり刈ったりしたあとに残る根もとの部分。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

切(り)株の関連キーワードウェルシュ・コーギー[種]ヤエヤマサソリ(八重山蠍)ノグチゲラ(野口啄木鳥)耶馬日田英彦山国定公園ベニガオザル(紅顔猿)マンネンタケ(万年茸)キクラゲ(木耳)クリタケ(栗茸)きこりの切株ニガクリタケいす(椅子)簇生・族生ヒコビア会タモギタケ天然更新ナラタケロジン人工林熟柿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切(り)株の関連情報