コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切音 きりごえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切音
きりごえ

仏教声楽の演奏法の一つで,「切声」とも書く。 (1) 論義の歌唱法または曲節の一種。一字一字を切るごとく等拍に唱える。 (2) 天台声明における速度,拍子,旋律法に関する用語。非拍節的な序曲では,長音の対概念として用いられ,旋律が比較的短く速いものをいう。拍節的な定曲では,4種ある拍子のうちの一つで,西洋音楽の2拍子にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

切音の関連キーワード篆隷万象名義薩戒記引声短声

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android