コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論義 ろんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

論義
ろんぎ

仏教および日本音楽の用語。 (1) 声明 (しょうみょう) において,仏教の教義を明らかにするため一定の形式によって行われる問答の形式をいい,日本では白雉3 (652) 年の『無量寿経』についての恵隠 (えおん) と恵資との論義が最古の例。その後,儀式化され,比叡山法華八講,奈良の維摩会 (ゆいまえ) およびこれを移した高野山の竪精などが有名。供養,追善のためのもの以外に,僧侶の階級試験のための竪義 (りゅうぎ) などにまで発展した。 (2) 声明の演出形式を取入れた能の謡の小段名。「ロンギ」と書く。能においては,問答体の謡の名称であるが,必ずしも役の会話とは限らず,問答的内容でなくてもその形式によっている部分をいい,普通地謡が問いかける役の代弁をして,最後は地謡で終る。拍子合・平ノリのリズムで,上音を主体とした旋律である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

論義【ろんぎ】

論議〉とも。問答を行って経論の意味を明らかにすること。釈迦滅後に弟子の間で問答が交わされたのが源流で,日本では652年宮中で恵隠が《無量寿経》について行ったのが最初。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろんぎ【論義】

論議とも書く。議論すること。とくに仏教において問答によって経論の要義を究明する方式をいう。インドの仏典に論式の規定が見え,中国では東晋の支遁が《維摩(ゆいま)経》を講じた際に論義の方式に依って以来,諸寺の講会において広く行われた。日本では652年(白雉3)に宮中で講ぜられた《無量寿経》の論義を初見とする。いまも長谷寺で行われている〈長谷論義〉などは仏教声楽や国語史の研究者の関心を集めている。【礪波 護】 論義は簡単なフシを付けて唱え,一定の形式に従う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の論義の言及

【問答】より

…問答は宗教の場でも修行法の一つとして用いられた。仏教では〈論義〉と称し,問者と答者(たつしや)の間には一定の様式があり,その形式は能の謡にも影響を与えている。また修験(しゆげん)の徒の問答も芸能に多くとり入れられ,能の《安宅(あたか)》では,現在も金剛流の特殊演出として〈山伏問答〉(〈問答之習〉)がある。…

※「論義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

論義の関連キーワード観賢(かんげん)信濃前司行長泰演(2)飛鳥井雅有高橋 宥順サンチェス論議・論義義空(2)愚神礼讃衆徒大衆藤井宣界高倉範藤十大弟子季御読経藤原康能中興鑑言源具顕六月会霜月会補忘記

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

論義の関連情報