コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論義 ろんぎ

3件 の用語解説(論義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

論義
ろんぎ

仏教および日本音楽の用語。 (1) 声明 (しょうみょう) において,仏教の教義を明らかにするため一定の形式によって行われる問答の形式をいい,日本では白雉3 (652) 年の『無量寿経』についての恵隠 (えおん) と恵資との論義が最古の例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

論義【ろんぎ】

〈論議〉とも。問答を行って経論の意味を明らかにすること。釈迦滅後に弟子の間で問答が交わされたのが源流で,日本では652年宮中で恵隠が《無量寿経》について行ったのが最初。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろんぎ【論義】

論議とも書く。議論すること。とくに仏教において問答によって経論の要義を究明する方式をいう。インドの仏典に論式の規定が見え,中国では東晋の支遁が《維摩(ゆいま)経》を講じた際に論義の方式に依って以来,諸寺の講会において広く行われた。日本では652年(白雉3)に宮中で講ぜられた《無量寿経》の論義を初見とする。いまも長谷寺で行われている〈長谷論義〉などは仏教声楽や国語史の研究者の関心を集めている。【礪波 護】 論義は簡単なフシを付けて唱え,一定の形式に従う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の論義の言及

【問答】より

…問答は宗教の場でも修行法の一つとして用いられた。仏教では〈論義〉と称し,問者と答者(たつしや)の間には一定の様式があり,その形式は能の謡にも影響を与えている。また修験(しゆげん)の徒の問答も芸能に多くとり入れられ,能の《安宅(あたか)》では,現在も金剛流の特殊演出として〈山伏問答〉(〈問答之習〉)がある。…

※「論義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

論義の関連情報