コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天台声明 てんだいしょうみょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天台声明
てんだいしょうみょう

日本の声明の一派。天台宗の宗祖最澄より3代目の座主であった円仁 (えんにん) を始祖とする。 10年に及ぶ中国留学ののち帰国した円仁は,唐代の仏教儀式を比叡山延暦寺に伝えた。その後 12世紀初頭,良忍が大原に隠棲して以来,この地の来迎院が天台声明の根本道場となり,大原流と呼ばれるようになった。なお天台声明にはこの大原流のほか,天台宗門徒の分裂により園城寺 (俗称三井寺) に伝承される寺門 (じもん) 流がある。また,天台宗から分派独立した西教寺 (天台真盛宗) ,四天王寺 (和宗) ,浅草寺 (聖観音宗) などの声明があるが,これらはおおむね延暦寺 (大原流) の伝統によっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の天台声明の言及

【魚山声明六巻帖】より

…天台声明の曲集。《魚山顕密声明集略本》《魚山集略(本)》《魚山六巻帖》《六巻帖》《声明集》などの名称を持つ。…

【声明】より

… 平安朝には空海と最澄が804年(延暦23)に入唐し,真言,天台両宗をそれぞれ伝え,声明の新たな発展期に入る。空海は梵語讃などを数多く請来し真言声明の祖とされるが,天台声明では838年(承和5)に入唐した円仁を事実上の祖とし,両声明はそれぞれ京都の東寺,延暦寺を中心として発展する。真言声明は寛朝(かんちよう)により大成するが,その後分派対立し,平安末には4流派に整理統合され,その中の1流派が南山進(なんざんしん)流として高野山を中心に今日まで伝承されている。…

※「天台声明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

天台声明の関連キーワード魚山声明六巻帖声明用心集多紀 道忍中山 玄雄片岡義道中山玄雄日本演劇多紀道忍三十二相吉田恒三渋谷有教三千院アタリ六巻帖引声中音中曲講式宴曲湛智

天台声明の関連情報