コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈穂(かりほ)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かりほ【刈穂】

秋田の日本酒。酒名は「後撰和歌集」の天智天皇の歌「秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ」に由来。厳寒期に長期低温発酵で醸造する。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒などをそろえる。平成2、3、12、14~16、19、21、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は秋田酒こまち、美山錦、山田錦など。仕込み水は奥羽山系の伏流水。蔵元の「秋田清酒」は慶応元年(1865)創業。「刈穂蔵」(大仙市神宮寺)と「出羽鶴蔵」(大仙市南外)の2つの醸造蔵をもつ。所在地は大仙市戸地谷字天ヶ沢。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

刈穂(かりほ)の関連キーワード城輪柵跡秋田県

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刈穂(かりほ)の関連情報