刈穂(かりほ)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かりほ【刈穂】

秋田の日本酒。酒名は「後撰和歌集」の天智天皇の歌「秋の田のかりほののとまをあらみわが衣手はにぬれつつ」に由来。厳寒期に長期低温発酵で醸造する。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒などをそろえる。平成2、3、12、14~16、19、21、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は秋田酒こまち、美山錦、山田錦など。仕込み水は奥羽山系の伏流水蔵元の「秋田清酒」は慶応元年(1865)創業。「刈穂蔵」(大仙市神宮寺)と「出羽鶴蔵」(大仙市南外)の2つの醸造蔵をもつ。所在地は大仙市戸地谷字天ヶ沢。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かり‐ほ【刈穂】

〘名〙 刈り取ったの穂。
※江帥集(1111頃)「足引のいたくら山の峰までに積めるかりほを見るがうれしさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android