コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈穂(かりほ)

2件 の用語解説(刈穂(かりほ)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

刈穂(かりほ)

秋田県、刈穂酒造株式会社の製造する日本酒。吟醸酒・活性純米酒の「六舟」、大吟醸「耕雲」、純米大吟醸酒「銀千樹」などがある。平成21酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かりほ【刈穂】

秋田の日本酒。酒名は「後撰和歌集」の天智天皇の歌「秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ」に由来。厳寒期に長期低温発酵で醸造する。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒などをそろえる。平成2、3、12、14~16、19、21、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は秋田酒こまち、美山錦、山田錦など。仕込み水は奥羽山系の伏流水。蔵元の「秋田清酒」は慶応元年(1865)創業。「刈穂蔵」(大仙市神宮寺)と「出羽鶴蔵」(大仙市南外)の2つの醸造蔵をもつ。所在地は大仙市戸地谷字天ヶ沢。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刈穂(かりほ)の関連キーワード勅撰和歌集和歌所私撰和歌集十代集続後撰和歌集新後撰和歌集新撰和歌集國萬歳長舜《続後撰和歌集》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone