コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刑事免責(読み)けいじめんせき(英語表記)immunity from prosecution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刑事免責
けいじめんせき
immunity from prosecution

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆国の連邦法や多くの州法に規定があり,共犯者に免責を保障し,首謀者の訴追を確保することをおもなねらいとする。日本にはこのような刑事免責の制度は存在しないが,ロッキード事件においてアメリカ連邦裁判官に証人尋問を嘱託するに際して,当該証人について起訴しないとする旨の検察庁の宣明書が出されたことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいじめんせき【刑事免責】

労働組合の争議行為など正当なものであれば、行為そのものは違法の形をとっても違法性がないものとされ、刑法上、犯罪として処罰されないということ。
〔immunity grants〕 アメリカ合衆国の刑事訴訟上の制度の一。主に共犯者からの証言を入手するため、行われた証言やその証言から派生した証拠に基づいてその証人を訴追しないという免責を与えて、証言を法的に義務付ける制度。免責特権。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の刑事免責の言及

【争議権】より


[争議権の法律的意義]
 争議権を法的に保障するとは,争議行為を行う当事者(労働組合,争議団やその構成員,または使用者やその団体)に対して,争議行為を行ったことを理由として,刑罰・罰金などの刑事制裁を科さない,あるいは懲戒や損害賠償などの民事責任を負わされないということである。刑事責任を免除することを刑事免責とよび,民事責任を免除することを民事免責とよぶ。労働組合法1条2項は,正当な団体行動(争議行為)の刑事免責を規定するが,〈暴力の行使〉だけはいかなる場合も正当な争議行為と認められず刑事免責されない。…

※「刑事免責」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刑事免責の関連情報