訴追(読み)そつい

精選版 日本国語大辞典「訴追」の解説

そ‐つい【訴追】

〘名〙
検察官刑事事件について公訴を提起し、行すること。起訴と同義。〔袖珍新聞語辞典(1919)〕
② 裁判官や人事官弾劾申立をして、その罷免を求める行為。
※日本国憲法(1946)六四条「罷免の訴追を受けた裁判官を裁判する」
検事総長などが、司法警察職員に対する懲戒処分を求める行為。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「訴追」の解説

訴追【そつい】

一般的には,検察官が公訴を提起(起訴)し,これを維持すること。その他,裁判官・人事官を弾劾する申立てをして罷免を求める行為なども訴追という。また検事総長等は司法警察職員の懲戒・罷免の訴追をすることができる。→国家訴追主義
→関連項目告訴告発

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android