初回雇用契約(CPE)(読み)ショカイコヨウケイヤク(シーピーイー)

人事労務用語辞典の解説

初回雇用契約(CPE)

CPEとはフランス語で、le contrat=契約 premiere=初回 embauche=雇用、の略。フランスの国会で2006年に発表された「若者の新しい雇い方」に関する政策で、26歳以下の労働者を新たに雇用する際に締結でき、締結すると最初の2年間は雇用者が理由を明示せずに解雇できる権利を雇用主に認める、というもの。しかし大学生や高校生による大規模デモによって撤回された。
(2006/6/26掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android