コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初晶 しょしょうprimary phase

岩石学辞典の解説

初晶

共晶反応(eutectic reaction)前に晶出した結晶.共晶に対する語で,結晶の始まる温度を初晶点という[清水, 長崎 : 1977].与えられた組成の液体と,平衡状態でのみ存在することのできる結晶相をいい,これは多成分の熔融体が冷却する際に最初に晶出する相で,また熔融する際に最後に消滅する相である[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

初晶の関連キーワードレーデブライト初晶領域初晶域包晶

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android