コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期資本主義 しょきしほんしゅぎearly capitalism; Frühkapitalismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初期資本主義
しょきしほんしゅぎ
early capitalism; Frühkapitalismus

封建社会末期から資本主義が確立するまでの過渡期の資本主義。資本主義の萌芽は 15世紀の封建社会末期に発生し,18世紀中期頃に一つの経済体制として確立したが,W.ゾンバルトはこの発生から確立までの資本主義を初期資本主義と名づけた。初期資本主義の時代は,封建社会末期に商品経済の発達に伴い資本主義的精神が台頭し,封建社会体制と資本主義体制が混在しつつ,次第に後者が前者を圧倒していく過程であった。初期資本主義のにない手は,手工業的家内工業を問屋制によって支配する前期的商業資本であり,彼らは絶対主義国家と相互に依存し合いながら,流通段階から社会の資本主義化を推進した。初期資本主義時代はこの時期の支配的な経済政策の名を取り重商主義時代ともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

初期資本主義の関連キーワード東インド会社(ひがしいんどがいしゃ)問屋制家内工業イデオロギーフライタークカルバン主義遠隔地商業フッガー家刑事政策女性問題徒弟条例産業革命法学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android