コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利川窯元 イチョンかまもと

1件 の用語解説(利川窯元の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

イチョンかまもと【利川窯元】

韓国の首都ソウルから車で約1時間ほどのイチョン(利川)市にある窯場(窯元)。イチョンは陶土や燃料の薪、水に恵まれていることから、ヨジュ(驪州)、クァンジュ(広州)とともに古くからの陶磁器(青磁や白磁)の産地だったところで、大小さまざまな規模の窯場があり、日用の食器や芸術品が生産されている。製作の現場が見学でき、その場で購入できる窯場も多い。民俗陶磁器総合展示場などでも陶磁器の展示販売が行われている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利川窯元の関連キーワードラパス仁川ソウル大学校SeoulソウルメートӨргөө平昌ホドリ宗廟祭礼ヘルシンキの夏至祭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone