コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利田 りでん

1件 の用語解説(利田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りでん【利田】

平安後期,検田によらずに国衙から租税官物を賦課された田地のこと。12世紀半ばころ,伊賀国の東大寺領黒田・玉滝両荘民の出作公田における官物段別率法をめぐる紛争が起こった。そのさいの史料によると,出作公田の官物徴収に当たっては,(1)検田を行わず旧田文にしたがって田数を確定する,(2)検田により田数を確定する,(3)検田を行わず利田請文の提出によって田数を確定するという,3通りの方法があった。古代の公出挙(くすいこ)制変質の過程で,利稲分を田地に率する(割り当てる)利稲率徴制が出現し,やがて利稲を負担する田地が固定化して〈利稲田〉〈利田〉が成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

利田の関連キーワード検田使国衙領税所名田官物拒捍使検田内発行くに径に由らず見掛けによらない

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

利田の関連情報