コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公出挙 クスイコ

2件 の用語解説(公出挙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

く‐すいこ【公出挙】

奈良・平安時代に官が行った出挙。租として納められた官稲を春に貸し付けて、秋の収穫後に3~5割の利息を付けて返させたもの。元来は勧農と救貧のための制度であったが、実際は強制的な一種の税として諸国農民の負担となった。→私出挙(しすいこ)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の公出挙の言及

【出挙】より

…【池田 温】
【日本】

[古代]
 出挙は大化前代から屯倉(みやけ)や国造領で行われていたが,制度的に整備されるのは7世紀末から8世紀初頭である。出挙には公的な性格をもつ公出挙(くすいこ)と民間における私出挙がある。令の規定では債務契約は官の処理を経ない自由契約によること,複利計算は許されず利息は10割を限度とすること,債務不履行の際において質物で返済できないときや質物契約のない場合は家財が差し押さえられること,それでも不足するときは労働によって弁済することなどが定められている。…

※「公出挙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone