コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公出挙 クスイコ

デジタル大辞泉の解説

く‐すいこ【公出挙】

奈良・平安時代に官が行った出挙。租として納められた官稲を春に貸し付けて、秋の収穫後に3~5割の利息を付けて返させたもの。元来は勧農と救貧のための制度であったが、実際は強制的な一種の税として諸国農民の負担となった。→私出挙(しすいこ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くすいこ【公出挙】

古代、国家が行なった出挙。稲などを春に貸し出し、秋に五割の利息をつけて返還させるもの。救貧の目的から次第に強制的になり租税化していった。こうすいこ。 → 出挙

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の公出挙の言及

【出挙】より

…【池田 温】
【日本】

[古代]
 出挙は大化前代から屯倉(みやけ)や国造領で行われていたが,制度的に整備されるのは7世紀末から8世紀初頭である。出挙には公的な性格をもつ公出挙(くすいこ)と民間における私出挙がある。令の規定では債務契約は官の処理を経ない自由契約によること,複利計算は許されず利息は10割を限度とすること,債務不履行の際において質物で返済できないときや質物契約のない場合は家財が差し押さえられること,それでも不足するときは労働によって弁済することなどが定められている。…

※「公出挙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公出挙の関連キーワード尾張国郡司百姓等解文兵粮(兵糧)不堪佃田正税帳私出挙公廨稲郡稲例挙正税加挙利田

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android