コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利益供与の禁止 りえききょうよのきんし

1件 の用語解説(利益供与の禁止の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

利益供与の禁止

日本では悪習として、株主総会の進行の補助、あるいは妨害を行なう、いわゆる「総会屋」に対する利益供与(金銭、物品をわたすこと)が頻繁に行なわれていた。このような悪習は、自社の体面を保ち、株主総会をことなく済ませたい経営者側の意図と、利益供与を収入源のひとつとしたいアウトロー組織の意図に起因していた。しかし、1981年の商法改正によって利益供与を締め出す大きな動きが生まれた。具体的には、商法に利益供与の禁止制度が新設された。これによって、利益供与を受け取った者だけでなく、利益供与に関連した企業の人間も処罰されることになり、会社側のリスクが大きくなった。以降、利益供与を行なう企業は次第にその数を減らし、さらに97年の商法改正では、総会屋が企業に対して利益供与を要求するだけで処罰される規定が追加され、利益供与を行なう企業が激減した。現在ではほとんどの企業が総会屋との決別を達成したといわれている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利益供与の禁止の関連キーワード株主総会株主提案権単独株主権総会屋継続会定時総会プロキシーファイト議決権行使投資主総会全部取得条項付種類株式

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

利益供与の禁止の関連情報