コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利益供与 りえききょうよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利益供与
りえききょうよ

会社が株主のみならずなんぴとかに対して,株主の権利の行使に関し,財産上の利益供与すること。1981年改正商法総会屋対策を目的とした利益供与の禁止規定が導入され,会社法に引き継がれた(120条1項)。利益供与した会社役員・使用人および利益の供与を受けた者などに対して罰則が適用される(970条)。議決権などの共益権のみならず株主権から生じるすべての権利の行使および不行使のための,金銭物品・無形財産の供与や債務免除,サービスの提供,ゴルフの接待のような経済的利益の供与が禁止される。権利行使に関する利益の提供を立証する困難さを考慮してその推定や,利益受領者の会社への利益の返還義務などをも規定し,禁止の強化をはかっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

利益供与の関連キーワード飛鳥会を巡る業務上横領・詐欺事件組織的犯罪処罰・犯罪収益規制法暴力団排除条例の主な内容福岡県の暴力団排除条例福岡県暴力団排除条例参院選挙制度見直し県暴力団排除条例暴力団の排除条項AIJ投資顧問電気事業連合会暴力団排除条例倫理行動宣言ヘゲモニー治安維持法クリック屋スハルト本山英世株式会社汚職罪受益権

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利益供与の関連情報