利者(読み)ききもの

  • きけもの

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 技量のすぐれている人。腕ききの人。転じて、羽ぶりがよく、人気のある人。権勢のある人。きけもの。
※歌舞伎・助六廓夜桜(1779)「通俗三国志の利きもの、関羽字は雲長」
※人情・祝井風呂時雨傘(1838)一三回「当時の流行者(キキモノ)富本米太夫」
〘名〙 すぐれた働きのある人。手腕家で、はばをきかせている人。きれもの。ききもの。
※歌舞伎・与話情浮名横櫛(切られ与三)(1853)二幕「その赤間源左衛門さんといふ人は、この木更津での利(キ)け者(モノ)
※糸女覚え書(1923)〈芥川龍之介〉「この比丘尼は唯今城内へも取り入り、中々きけ者のよしに候へども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android