コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利雪 りせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

利雪
りせつ

豪雪地帯に降る社会生活に積極的に活用しようという考え。豪雪を堪え忍ぶ(克雪)だけでなく資源として活用しようという考えで,豪雪地帯対策特別措置法(昭和37年法律73号)にもその発想が盛り込まれている。具体的には,融雪を人工的に遅らせて夏の水資源に活用する,食料貯蔵などの冷源として使う,雪祭りなどを開催して観光資源として利用する,などの案がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

り‐せつ【利雪】

雪を資源として有効に利活用すること。主に、豪雪地帯での雪対策の語として用いられる。→克雪親雪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りせつ【利雪】

雪を資源として有効利用すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利雪の関連情報