前原巧山(読み)まえばら こうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前原巧山 まえばら-こうざん

1812-1892 幕末-明治時代の技術者。
文化9年9月4日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)八幡浜の商人喜市の子。安政元年宇和島藩に船手方として登用され,長崎で蒸気機関などの技術をまなぶ。6年小型蒸気船の建造,運航に成功。木綿織機,雷管,藍玉(あいだま)などの製造にもたずさわった。明治25年9月18日死去。81歳。通称は嘉蔵,喜市。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android