藍玉(読み)らんぎょく(英語表記)Lan Yu; Lan Yü

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藍玉
らんぎょく
Lan Yu; Lan Yü

[生]?
[没]洪武26(1393)
中国,明初の武将。定遠 (安徽省) の人。常遇春の妻の弟。常遇春に従って功を立て大都督府僉事 (せんじ) となり,洪武4 (1371) 年には蜀を討ち,同 11年には西蕃を征伐し,その功によって永昌侯に封じられた。同 20年には馮勝に従って元のナガチュ (納哈出) を征伐し,大将軍となった。翌年には元の順帝の孫トグス・チムール (脱古思帖木児) 征伐のためモンゴルに遠征し,大勝利を得て涼国公に封じられ,さらに同 23年には湖広の蛮族の反乱を平定,翌年には西蕃の罕東 (かんとう) の地を経略し,太子太傅となった。しかし武功を誇って,高慢な行為も多く,謀反の罪で逮捕処刑され,連座する者1万 5000人に上った。これを「玉の獄」という。

藍玉
らんぎょく

アクアマリン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あいだま【藍玉】

藍の葉を発酵させ、臼うすでついて固めたもの。玉藍。 [季] 夏。 → 藍染め

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐だま あゐ‥【藍玉】

〘名〙 藍の葉を搗(つ)いて発酵させたうえ、臼でひき乾燥し固めた染料。玉藍(たまあい)。藍靛(らんてん)
※俳諧・滑稽雑談(1713)六月「藍刈(あゐかり)〈略〉六月或は五月に刈を一番とし、秋月又二番三番を刈て、是を秋に至て玉とす。『藍玉』と称す。故に古俳書『二番刈』并『藍玉』を秋とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の藍玉の言及

【アイ(藍)】より

…収穫した葉を刻んで乾燥・堆積し,これに水をかけては切り返し,2~3ヵ月間発酵させると黒い腐葉土のようなものとなる。これを蒅(すくも)と呼び,臼に入れてつき固めて藍玉をつくる。この藍玉には2~10%の不溶性のインジゴが含まれ,これに木灰,石灰,ふすまを加えて発酵させると水溶性のインドキシルとなる。…

【紺屋】より

…紅師は紅花(べにばな),紫師は紫草(むらさき),茶染師は黄櫨(はぜ)や檳榔子(びんろうじ),紺屋は初めは山藍,のちには蓼藍(たであい)を使った。中世の紺搔は山藍の栽培から染色までのすべての工程を一貫して行っていたが,近世には蓼藍の葉から染料としての蒅(すくも),あるいは藍玉を生産する藍師(藍屋)ができ,紺屋はそこから藍玉を仕入れて染色を行うようになった。都市では業者が集住して紺屋町を形成したところが多く,村落にも紺屋の定住が多く見られた。…

【胡藍の獄】より

…中国,明朝洪武時代(1368‐98)の胡惟庸(こいよう)と藍玉にまつわる二つの疑獄事件をあわせた呼称。1380年(洪武13)中書省左丞相胡惟庸は謀反のかどで処刑され,御史大夫陳寧ら多くのものが連座した。…

※「藍玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android